効果的なバストアップ法を見つけよう|美容整形でダイナマイトボディ

女の人

最新の豊胸手術

看護師

痩せ型の人は脂肪吸引を行なうことが出来ず、バストアップのために脂肪注入を行なうことも不可能になります。その場合はヒアルロン酸注射が最適ですが、極稀に体に合わない人も居るため、安全性の高い豊胸手術を一から探さなくてはいけません。まだまだ普及段階にある豊胸手術として注目されているのがPRP豊胸です。ヒアルロン酸注射や脂肪吸引と同じく、メスを必要としないこのバストアップ法は、一部の美容外科で取り入れられています。その特徴として挙げられるのは、自分自身の血小板を使用するというものでしょう。施術前に血液採取を行ない、血液に含まれるPPP(少血小板血漿)、そしてPRP(多血小板血漿)を抽出します。他のバストアップ法に比べると費用が格安であること、または副作用の心配がないことで注目され、徐々に患者を増やしているのです。採取した血液を全て使用することは出来ないため、多量の血液採取が必要になりますが、痩せ型の人でも安心してバストアップを行なえます。

PRP豊胸は、短期間だけバストアップをしたいという人に最適な豊胸手術です。採取した血液から血小板血漿細胞を抽出するため、注入時にショック症状などが起こる心配はありません。しかし効果は3ヶ月から1年と短く、サイズを維持することは難しいと言えます。旅行などに出かける前に形の良いバストを手に入れたい、または結婚式で身につけるドレスが映えるように胸を大きくしたいという希望があれば、PRP豊胸が適しているでしょう。効果を長続きさせたい場合には、脂肪注入と組み合わせることも可能です。血小板血漿の働きによって脂肪の定着率が高まり、よりサイズが大きいバストを長期間維持出来るようになります。しかし、それでも効果は徐々に薄れていくので、半永久的な効果を求める場合にはシリコンバッグ挿入法などを利用することが大切です。豊胸手術それぞれの特徴やメリット、そして費用などを確認してみましょう。

自分自身の血液から血小板血漿を抽出して行なわれるPRP豊胸は、妊娠中の女性や肝臓病にかかっている人に施術することが出来ません。安全性を考慮するための対応なので、しっかり理解することが大切です。事前の検査によって体調を把握することは可能なので、医師の指示をしっかり聞くようにしましょう。他の病院から処方されている薬を服用している場合なども、事前に深刻しておく必要があります。安全に手術を受けることを最優先させるべきなので、効果を求めるがゆえに嘘の報告をすることは禁物です。美容外科の医師は患者に最も適したバストアップ法を提案し、そのメリットなどを詳しく説明してくれます。